交通費のこと

合宿免許プランには興味があるけれども自宅から遠い場所で行われるので交通費のことが気になるということは多くの人が持つ疑問です。そのために、自宅や親戚の家のそばで合宿する人が多くいるのは事実です。しかしながら、実は交通費は教習所の方で負担してくれることが多いのです。

つまり、起点となる駅(関東の場合には東京駅、関西の場合には大阪または京都駅)から集合場所までの往復の交通費を教習所の方で負担をしてくれることが多いので、交通費はそれほどかからない場合が多くなります。

交通費を負担してもらえるということで、自宅から離れた場所で教習を受ける人も多くいます。いわゆる教習時間以外は旅行を楽しんでいる気分になることが可能です。冬場は、教習の合間にスノースポーツを楽しむことも可能です。雪が降ってしまうと教習ができなくなってしまうのではないかという心配もありますが。雪国の教習所では除雪対策は万能ですので、心配する必要はありません。

一方で夏場であれば、海の近くで合宿を行って、教習の合間に海水浴を楽しむということも可能になります。合宿免許は、もちろん免許を取るのが第一目的ですが、それ以外の時間も有意義に過ごしてみたいものです。

宿泊先の多様性

合宿免許の場合には当然のことながらどこかに宿泊をしながら教習を行うことになります。宿泊先もプランによって変わってきます。ホテルに泊まる場合もありますし、旅館や学生寮などに泊まる場合もあります。多くの場合において宿泊先は快適ですので、教習を楽しく送れるようになっています。特別な旅館やホテルを借り上げるのではなくて、教習所が宿泊施設を管理運営している場合もあります。

それぞれの宿泊施設において、相部屋、シングル、ツインなどの宿泊プランを選ぶことが可能です。見知らぬ人と相部屋になるのはと考えてしまうかもしれませんが、免許を取るという同じ目的の中にいますので、お互いに励まし合って教習できるようになる可能性も考えられます。友人と合宿免許に参加する場合には、シングルよりもツインやトリプルの方が楽しく教習以外の時間を過ごせるようになります

もちろん、シングルユースに比べて、ツインやトリプルの方が教習費用は安くなりますし、豪華な宿泊先を選択すれば多少金額は高くなります。合宿免許の際の宿泊先は実に多様性に富んでいますので、自分の目的や経済性さらにはライフスタイルに合わせて選んでいくのは賢明です。重要なことは合宿中も出来るだけ日常の自分と同じスタイルを続けられるということです。

推奨リンク|http://gasyuku-menkyo.com/
・・・全国の合宿免許施設を探せる「合宿免許.com」のサイトです。