合宿へ向かう合宿免許プランには興味があるけれども自宅から遠い場所で行われるので交通費のことが気になるということは多くの人が持つ疑問です。そのために、自宅や親戚の家のそばで合宿する人が多くいるのは事実です。しかしながら、実は交通費は教習所の方で負担してくれることが多いのです。

つまり、起点となる駅(関東の場合には東京駅、関西の場合には大阪または京都駅)から集合場所までの往復の交通費を教習所の方で負担をしてくれることが多いので、交通費はそれほどかからない場合が多くなります。

交通費を負担してもらえるということで、自宅から離れた場所で教習を受ける人も多くいます。いわゆる教習時間以外は旅行を楽しんでいる気分になることが可能です。冬場は、教習の合間にスノースポーツを楽しむことも可能です。雪が降ってしまうと教習ができなくなってしまうのではないかという心配もありますが。雪国の教習所では除雪対策は万能ですので、心配する必要はありません。

一方で夏場であれば、海の近くで合宿を行って、教習の合間に海水浴を楽しむということも可能になります。合宿免許は、もちろん免許を取るのが第一目的ですが、それ以外の時間も有意義に過ごしてみたいものです。